スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天安門とクサコ

天安門事件から二十年が経った。

1989年当時、クサコは10歳前後で、

内蒙古の田舎の小学生だった。

だから、ニュースで、暴徒が北京の天安門広場で暴動を起こしている、

と報道されれば、それを信じるのが当然で、

暴徒に焼き殺された兵士の写真が強く印象に残っていると話している。


日本に来て、クサコは、天安門事件の映像をネットで見て、「血染的風采」も聞いた。

この歌は、子供の頃から知っている有名な歌だそうだ。

調べてみたら、ベトナムとの戦争の時の歌で、兵士を称える内容のようだ。


天安門の動画をいくつか見て、

いつもおしゃべりなクサコが、無口になってしまった。


ベトナムとの戦いで死んだ中国兵士は、英雄か? 侵略者か?

天安門で死んだ兵士は、英雄か? 虐殺者か?

立場が変わると、事実の意味するものも変わってしまう。

天安門で死んだ兵士を追悼する、広場を埋め尽くす兵士の大式典を、CCTVは流していた。

子供たちの兵士を称える大合唱が感動的だった。

天安門事件の際の有名な映像、ひとりの若者が進軍する戦車に立ちはだかって、

決死の抗議をする映像がある。

これも、CCTVの解説では、人民軍の規律と寛容を示す映像・・

・・たとえ相手が暴徒であっても、人民軍は、やたらに暴力は振るわないのだ・・

ということになってしまう。


食事しながら、思い出したように、クサコが言う。

「兵士は、かわいそうだね。
 何にも知らない顔してたねえ・・」


そうだ、兵士も、かわいそうなのだ。

何も知らされないで、どこか遠くから連れてこられて、

無理やり命令で同胞を、それも、もしかしたら中国の希望だったかも知れない同胞を、

殺さなければならない羽目になってしまった。

真相に目をつぶり続けることが出来る兵士ばかりではないだろう・・・


歴史の清算を言うならば、

天安門は、いつ、清算されるのか?

殺された学生のために、

あらゆる意味で犠牲になった兵士のために、

残された家族のために、

騙されている中国人民のために、

天安門は清算されなければならないし、

その日は、必ず来ると思う。
スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

しっかりしろ!NHK

朝食のBGMは、NHKラジオのFM。

朝の6時は、ずっと昔からバロック音楽を聴かせる番組で、

今は、「バロックの森」という番組名になったが、この時間帯、もう何十年も聴いている。

クサコもすっかり好きになって、時々、

「この曲、面白いねえ・・」

なんて言うようになった。

「バロックの森」が終わると、天気予報、ニュースと続く。

これも、ご飯を食べながら、いつも聞いている。

天気予報は、関心事だから、注意して聞く。

ところが、この天気予報、アナウンサーが必ずと言っていいほど、トチル。

つっかえたり、読み間違えたり、アクセントがおかしかったり・・・

天気予報が無事に終わったなあ・・・といっても、安心できない。

ニュースのアナウンサーも同じようなものだ。

やっぱり、失敗が多い。

多い日には、二回も三回もトチッテしまう。

別に数えているわけでも、期待しているわけでもないけれど、

ああ・・・まただよ!!!と、つい思ってしまう。

クサコもあきれて、

「あ、まただよ。ほんとに、よく間違えるねえ・・
 書いてあるの、読むだけでしょう・・・どうして間違えるかなあ・・・
 わたしが読んだほうがうまいよ。
 わたしも、アナウンサーになれるねえ!」

と、いつも言っている。


今朝、アナウンサーがトチッタせいでもないだろうが、

クサコが、後を向いて、クシュンとくしゃみをした。

口の中のご飯粒が飛んで、床に散らばった。

クサコは、椅子を立ってしゃがんで、飛び散ったご飯粒を拾い、台所のゴミ箱に捨ててきた。

なんだかぶつぶつ口の中で言っているので、

「どうしたの?」と、聞くと、

「自分に怒ってるだけ。どうして、口の中にご飯あるとき、くしゃみしたくなるかなあ・・??」

また椅子に座りなおし、今度は、キュウリのおしんこを箸でつまんで食べようとすると、

口の辺りで、箸から落ちて、また床に転がってしまった。

「ふん!!」

クサコは、憤然と席を立った。

またキュウリを拾い、台所に行った。

ゴミ箱に捨てるのかなあ・・? と、思ったら、

ざっと水道で洗って、ぼりぼり食べながら戻ってきた。


何十年使っている箸からキュウリが落ちるのだから、

アナウンサーが読み間違えても、不思議ではない。

しかし、朝食時、私とクサコの、箸使いの失敗の回数より、

同じ時間に、NHKアナウンサーの読み間違いの方が、はるかに多い。

クサコや私が、何度キュウリを落とそうが、転がそうが、誰に非難される筋合いもないけれど、

NHKの職員ともなれば、そうもいかないのではないだろうか??

一応、彼らにも、プライドとか、面子とか、自尊心とか、出世欲とか・・

とにかく、頑張って、間違えないように読もう、という気持ちはあるはずだ。

それでも、あんなに間違える。

何か、大きな問題があるんではないだろうか・・・???


言葉は文化を支える基礎の基礎。

日本語を正しく守ることが、日本の文化を守る第一歩なんだから、

そして、NHKはその役目を担う最前線基地のはずなんだから、

NHKには、もっともっと、自国の文化を大切にする姿勢を示してもらいたい・・・なあ!!

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

雨の買い物

東海地方も梅雨入りしたそうだ。

昨日からの雨は、朝になってもまだ降り続いている。

この雨は、昨日の昼前から降り始めた。

天気予報では、午後からということだったので、昨日の午前中、クサコと私は、買い物に出かけていた。

クサコが、仕事着のズボンが欲しいというので、

自転車で30分ほどの、安い衣料販売店まで買いに行ったのだ。

クサコは、試着して、さんざん迷ったあげく、80年代の中国の田舎の女性が穿いてたような、

濃紺のスラックッスを選んだ。

見栄えよりも穿き心地を選んだ。980円。

それから、ブラジャー2つ、各599円。 靴下4足、499円。

私も、綿のズボンを1本買った。裾上げしなくても良い、股下何センチの表示のあるもの。

股下72センチのズボン、980円。

買い物を終えて、店を出ようとすると、突然の土砂降りになった。

雨具は、クサコが、スキー用の、ビニールの簡易ポンチョをひとつ持っているだけ。

どうしようもない。しばらく店先で、空を見上げながら、止むのを待った。

しかし、止まない。

「わたしが、いくつも試着して、ぐずぐずしてたら、悪いと思ってる!!??」

クサコがちょっと恨めしそうな顔で言った。

「クサコは悪くないよ。一番いいよ」

「ならいい」

そのうち、お腹も空いてきて、仕方がない、濡れて帰ることにした。

私は、ビニールのカッパ(199円)を買って、それを着て、

二人は大雨の中、自転車で出て行った。

すぐにズボンはぐしょ濡れになったが、幸い、しばらくすると雨は小降りになった。

家に帰り着き、私は濡れたズボンを脱いで、早速、買ってきたばかりの綿パンに穿き替えた。

ん?? 短い!

しまった!! 表示に、股下69センチと書いてあるではないか!!!

72センチを買ったつもりだったが、買い物籠に入れるとき、間違えたらしい。

うっかりしていたなあ・・まずいなあ・・どうしようかなあ・・これじゃあみっともないなあ・・・

途方に暮れていると、着替えを終えて二階から降りてきたクサコが、私のズボンを見て、

「あ、短いねえ・・」と、言った。それで、事情を説明すると、

「どうして試着しなかったの?ズボン買う時、試着は当たり前でしょう!常識でしょう!
 穿いて見なければ、穿き心地、わからないじゃない。
 どうして試着しないかなあ・・!!お父さんだって、試着するよ。
 試着してね、これがいいっていうのをしっかり持ってね、それで買うんだよ。
 だめだねえ・・・どうして試着しないかなあ・・・」

100回も言う。

お昼ごはんは、サバの味醂漬と納豆、わかめのお吸い物。

食べながら、クサコの機嫌はすっかり良くなった。

「まったく、どうして試着しなかったかなあ・・・
 今度、お義母さんに会ったら、言っちゃおうと思ったけれど、やめるわ!
 言ったら、女房が悪いって、思われちゃう。
 女房がしっかりしないと、失敗するねえ・・・
 ちゃんと試着させるべきだったなあ・・・」


午後は二人で餃子を包んだ。


私の買ったズボンは短いけれど、仕方がない。

多少見た目が悪くても、どうということはない。

壊れるまで、穿く。

テーマ : 節約生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

クサコの夢と耳くそ

クサコは動物の夢をよく見る。

「よく眠れた?」

寝起きのストレッチをしているクサコに声をかけると、

「よく眠れたよ。睡眠時間が短かったせいか、眠りが深かったね・・」

「ん? ゆうべ、寝たの9時だったよ。睡眠時間、十分でしょう」

「足りないよ。今日は、8時に寝るわ!
 ・・変な夢、見たなあ・・・
 妹が、走っているの。それを追いかけて、わたしも走ってね・・・お説教しようとしていたの。
 そしたらね、妹、ライオンと虎がいる檻に入ってね・・
 ライオンと虎も追いかけてきて、逃げたの・・・ちょっと変なライオンと虎だったかな・・??」

クサコは、いつも故郷の妹を心配しているから、こんな夢を見たのだろうか。

妹のLJは、今年2月に結婚して籍を入れた。

しかし、まだ両親と暮らしていて、7月に式を挙げてから、夫と同居を始める予定らしいが、

どうも、もうひとつ、はっきりしない。彼女の気持ちも、状況も・・・

LJのメールを読むと、夫と一緒に暮らしたいのかどうかもよく分からない。
結婚した!!という嬉しさや希望のようなものが伝わってこない。
以前から、姉とは考え方が違うし、性格にちょっと弱い面もある。
だから、姉として、クサコなりに、はがゆくも思い、心配もしているのだ。


毎朝、クサコはストレッチを終え、お茶を一杯飲んで、5時半、ジョギングに出かける。

帰ってくるのは、6時15分。それから、洗顔、着替えなど・・

朝食は6時40分。

キュウリとニンジンのおしんこも、ニンニク味噌も、みんな並べて、「いただきます」をすると、

クサコは、いつも、耳くそをほじくり出す。

私はいつも不思議でならない。食べ終わってからでも、食べる前でも良かろうに・・・

どうして、食事中でなければならないのか???

理由は、クサコにも分からないらしい・・食べ始めると、ほじくりたくなる・・なったら即、ほじくる・・

これがクサコの行動原理だ。


クサコは、以前から、耳くそをほじくるのが好きだったから、

日本に来てから、100円ショップで竹製の耳かきをひとつ買った。

また、これがすっかり気に入り、

ケースに大切に入れたまま、食卓横の出窓に常に置いて、愛用している。

今日も、ちょっと首を傾け、顔をしかめ、遠くを見るような目になって、ひとしきりほじくると、

まじまじと本日の成果を確認し、

「毎日ほじくるのに、いっぱい溜まるなあ・・」などと言いながら、ティッシュで耳かきの先をぬぐう。

ティッシュは、丸めて、その辺にポンと抛った。


毎日のことで、この丸めたティッシュが、

食後の片づけが終わり、きれいになったテーブルの上や、ワゴンの隅に、いつも残っている。

それで、たいてい、クサコが出勤した後、私がゴミ箱に捨てることになるのだが、

今日は、ワゴンの上に丸めてあったそれを、私は、何も言わないで指差した。

クサコは、取って、ポンとゴミ箱に投げ入れると、

「汚いなーって顔してるね。
 クサコのこと、汚いなーって思ってるでしょう。だらしがないなーって、思ってるでしょう。
 嫌悪の顔だなー・・嫌悪なの?
 クサコのこと、嫌いになった?? どうなの!!」

自分の顔を、私の顔にくっつけるように近づけて難癖をつける。

「だいじょうぶだよ。嫌いにならないよ」・・こういう時は、適当にあしらうのが一番。

「ほんと??
 どうやって証明するの? ケーキ買ってくれる?」

クサコの考えは、いつも食べ物に帰着する。


曇天。

走りながら、呼吸のタイミングというか、コツのようなものがちょっとつかめたような気がした。

テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

クサコのお弁当

クサコのお弁当は、職場で一番大きい・・・らしい。

毎朝、私が作る。

最初は、私が昔使っていた弁当箱を持って行ったが、小さかった。

それで、大き目のタッパーに変えた。


本日のメニューは、

・塩鮭
・シュウマイ(小4個)
・肉じゃが(一昨日の残り)
・鍋物の残り野菜
・キャベツとニンジンのサラダ(昨日の残り)
・麦飯(1合弱)

残り物ばかりだけれど、ご飯の上に並べると、とてもにぎやかでおいしそう。


毎朝、朝御飯を食べ終わると、私は台所から完成したお弁当を持ってきて、食卓の上に置く。

クサコは、タッパーの半透明の蓋の上から、

「これは何だろう、あれはピーマンかなあ・・魚もあるみたい・・・」

などと、指で指しながらあれこれ予想するのが楽しみ。

それから、弁当を入れるバッグから、くしゃくしゃの弁当包みのハンカチを取り出し、

臭いをかぐ。

臭くなっていたら、洗濯の時期になったということだ。

クサコは、ハンカチを畳んで仕舞うという習慣がないから、いつもくしゃくしゃに丸まってるし、

会社で、テーブルの汚れも時には拭くらしいから、いつも、そうきれいというわけではない。

普段はあまり気にしていないようだったが、

今朝は、

「お義母さんからもらったハンカチ、出そうかなあ」と、何か考えている様子。

「どうしたの?」

「うん、このハンカチがくしゃくしゃで、会社で恥ずかしい・・」

それで、クサコは、二階に上がって、新しいハンカチを捜して、

ついでに、ユニホームのエプロン、帽子なども用意して降りてきた。

さて、改めて、弁当を包もうとすると、ハンカチがない。

ちょっと別の用事をしているうちに忘れてきてしまったらしい。

「ふん、まったくー!」

誰に怒ってるのか。

もう一度、二階に取りに行くのは面倒らしく、

結局、元の、くしゃくしゃのハンカチに弁当を包んで、

今日も出かけていった。


クサコが出かけてから、私は今日も走った。

薄曇。

昨日同様、少し体が軽いようだった。

テーマ : お弁当
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

noroba

Author:noroba
norobaです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。