スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山さんの愛

昨夜来の雨が上がり、空は晴れた。

西南の風が吹いて、海には白波が立っていた。


民主党の代表選挙が、あれよあれよという間に行われ、

鳩山さんが新代表に選ばれたが、考えれば考えるほど、

不可解なことが多い。

その第一は、小沢さんはなぜ代表を辞任したのか、全くわからないということだ。

しかし、察する所、

これはまあ、「姑息な目くらまし」と、理解できなくもない。

本当に、さっぱりわからないのが、

鳩山さんのいう、

「愛のある政治」

これは、いったい何なんだろう???

普通、一般的には、

「愛」とは、金銭の対極にあるものとされている・・・んじゃないかな?

「政治」というのは、要するに、お金をどう使うか、ということだろう。

一昔前に、

「同情するより金をくれ」という、

下品な言葉が流行ったことがあったけれど、

世間の人達は、政治に対しては、「愛」より「金」や「実利」を要求している。

だから、政治は、限りある予算の使い道に頭を絞らなければならないのだ。

「愛」というのは、時に、空証文。

何もしない、何も与えない言い訳である場合もある。

これが、空証文ではなく、本物だということになったら、

それはまたそれで、大変だ。

心の問題が絡んできたら、それはもう厄介。

たった二人の男女の愛の問題だって、相当面倒なのに、

政治が愛なんて言い出して、国民一人ひとりが、

「私の愛をどうしてくれるのか!」

なんて騒いだら、いったいどうするつもりだろう?


もしかして、民主党が政権をとったら、

役人や政治家は、人民のために、愛の奉仕、

無償の労働をしようと言ってるのだろうか?

黒澤明の「生きる」の主人公みたいに・・・


いずれにせよ、本気の言葉とは思えない。

それとも、鳩山さんのような、

桁外れな大金持ちになると、

私たちとは考え方が違って、

「愛」も「人の心」も、お金で普通に買えると認識しているのかもしれない。

それも、とても安価で。
スポンサーサイト

テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

noroba

Author:noroba
norobaです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。