スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミング

クサコがジョギングから帰って、

一緒に朝御飯を食べていたら、屋根を叩く雨音が聞こえてきた。

降ってきたらしい。

今日は、走れないかな、と思ったけれど、

雨はすぐに上がって、

丁度、私が走り終える時間だけ、7時半から9時まで、
止んでくれていた。

実によいタイミングだった。

天気予報では、この雨は一日降り続くそうだ。

どこへも行けそうにないから、

今日は、小沢征爾のCDを聞いて過ごすことにする。



二週間ほど前のことだった。

CDを聴きながらいつものように夕食を食べていた。

ドボルザークの交響曲9番、演奏はアバド、ベルリンフィル。

アバドはいいな。

ビール飲んでいたクサコの手が次第に止まって、

最終楽章で泣いた。


クサコはこれまであまり音楽を聴く習慣がなかった。
だから、ドボルザークも初めて聴いた。


「何ていう音楽?
好きになった」


クサコがドボルザーク、好きになったのなら、

もっと聴かせてあげようと思って、

翌日、図書館で8番を借りてきた。

小沢征爾指揮、ウィーンフィル。


晩御飯食べながら聴いたけれど、

クサコは、なかなかいいね、といいながら、

ふーん、といった顔。


しかし、私がびっくりした。

すごくいい。

ドボルザークって、こんなに明るくて透明感のある音楽だったんだろうか。

初めて聴いたような気がした。


いまさらだけれど、

小沢征爾がいっぺんに好きになってしまった。

それで、彼の演奏をいくつか聴いてみた。

やっぱりいい。


何年か前、

小沢征爾がウィーンフィルを引き連れて来日した時、

演奏会を聴きにいった。

ブラームスの3番、4番だったと思う。

でも、あんまり感動しなかった。

こんなもんかなあ・・・と思っただけだった。

不思議だなあ・・・



物事というのは、

つまり、出会いというものは、タイミングが大事だなあ・・・

と、つくずく思う。

こちらに受け取る準備ができていないと、

どんなにすばらしいものが目の前にあっても、

目に入らない。

気がつかない。

だから、出会うことができない。


人もそうだな。

毎日、たくさんの人と顔を合わせ、

たくさんのことを喋りあっていても、

ほとんど、出会っているというより、すれ違ってるだけだ。

本当に出会うことのできる人とは、

一生に数人、巡り会えるか・・・?


クサコとは、まったく不思議なことに、

お互いの故郷を何千キロも離れた知らない町で、

言葉も満足に通じない環境で、

よく巡り会ってしまったもんだ。


そういえば、今朝、

台所で私がなにやらやっていたら、

トイレで座っていたクサコが、急に大きな声を出した。

「noroba,わたしと結婚して後悔してない?」

「してないよ」

「ならいい」

・・・・・


クサコ、何を思いついたんだろうなあ・・・??
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

??????

??ξ????? ?Ω?Ф??? μä???? ??ä?? ????Ĥ?? ???

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

noroba

Author:noroba
norobaです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。