スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クサコとお寿司・・・のようなもの

昨夜の晩御飯のメニューは、

・トンボマグロ赤身の刺身
・苦瓜と豚肉の炒め物
・キャベツ、ベーコンサラダ
・小松菜の炒め物
・マツタケご飯(マツタケお吸い物の素を混ぜて炊いただけのインスタント)

クサコは、仕事で、
サツマイモの天婦羅をいかに効率よく揚げるかを、得意げに説明しながら、
お刺身をおいしそうに食べていたけれど、

不意に、

「お海苔、ある?」と、聞いた。

「味付け海苔ならあるよ」と、答えて、出してあげると、

クサコは、味付け海苔にご飯を載せて巻いてから、
またその上にお刺身を置いた。

私が、ご飯にお刺身を載せて食べているのを見て、
自分もやってみたくなったらしい。

大きな口を開けて、一口で頬張り、

その瞬間、

「うーーー」と唸った。

そして、目を閉じたまま、しばらく咀嚼して、飲み込むと、

「おいしいー」

感に堪えぬように首を振った。

「お寿司、こんなに美味しいとは思わなかった。
知らなかった。こんなに美味しい。
これは、餃子にも、羊の肉にも勝つねえ・・」

今度は、もっと慎重な手つきで海苔にご飯を載せる。

「ご飯にお刺身を載せてから巻いたほうがお寿司らしいよ」と、アドバイス。

もう、食べる前から目を閉じて、
美味しい物を食べる心の準備に余念がない。

クサコは美味しいと思うものを食べる時は、
本当に集中して、雑念がなくなってしまう。

話しかけも、何も聞こえない。

目を閉じたまま、

いかにもうれしそうに、

何度もうなずきながら、

クサコは、自分で巻いた手巻き寿司を食べていた。


クサコが寿司を食べるのは初めてではない。

長沙で働いていた時も、何度か、社長につれられて、

日本料理店で食べたことあるはずだし、

日本に来てからも、回転寿司に行ったことがある。

しかし、寿司に対するクサコの今までの感想は、

「なんだか味がない。」
「まずくはないけれど、そんなに美味しくない」
「日本の高級な料理は、見た目だけでそんなに感動するような内容がない」
といったようなものだったが・・・

なぜか、今日、豁然と蒙が啓かれてしまったのだ。

クサコ自身のコメント。
(クサコのブログ http://blogs.yahoo.co.jp/bailingjiebailingjie より)


でね、夜旦那様の用意してくれた

「お寿司」を食べた。

四角いお海苔の上、

マツタケごはん、

そのうえ

マグロのお刺身とわさび。

あらまあ、世の中にこんなに

美味しい物があるものなのか

びっくり仰天だわ!!

草原の生まれの草子、

羊の肉しか認めない草子

めちゃくちゃ感動しちゃって、

食べながら、涙がぽろぽろだよ。

どうすればいいかしらね。

お寿司。羊。


正確には、クサコが食べたものはおすしではない。

「お寿司というのはね、お刺身があるかないかとか、握ってあるかないか・・・
そういうのは、関係ないの。
酢飯を使って作ったものを総称して”寿司”というんだよ。
だから、お稲荷さんも、散らしも”寿司”なの。
それに、寿司には味付け海苔は使わないよ。」

と、教えてあげたけれど、クサコは譲らない。

「やっぱり、お寿司はマツタケご飯がいちばん。
味付け海苔じゃなきゃあ・・・」

と言っておりました。


今日は薄曇。

日差しは強くないけれど、気温は高い。

走って、汗をかいて、

いい気持ちになってストレッチをしていたら、

ズボンが妙に短い。

おかしいなあ・・・と、よく見たら、

クサコのジャージだった。

あら あら  あきれるなあ・・・
スポンサーサイト

テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

noroba

Author:noroba
norobaです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。